SNS
アイリッジのビジネスモデルを紹介します
質問する
企業基本情報

アイリッジ事業内容紹介

2022.02.24

証券コード

株式会社アイリッジはアプリ開発×O2O/OMOソリューションを強みとし企業と顧客間のコミュニケーションを支援するデジタル・フィジカルマーケティング事業を展開企業と顧客との最適なコミュニケーションを実現するアプリマーケティングツールFANSHIPを提供その他にさるぼぼコインせたがやPayなどで利用されているデジタル地域通貨プラットフォーム事業を始めとした新規事業を展開している

※個人投資家から事前に募った質問もございます。

目次

  • 01.

    アイリッジの企業沿革

  • 02.

    アイリッジの事業ポートフォリオ

  • 03.

    アイリッジのビジネスモデル

  • 04.

    アイリッジの主な経営指標

  • 05.

    アイリッジの業績情報

  • 06.

    アイリッジのミッション

アイリッジの企業沿革

20088月に株式会社アイリッジを設立2009年に携帯電話の待ち受け画面にポップアップで情報発信するツールpopinfo現:FANSHIPをリリース20157月に東証マザーズへ上場

アイリッジの事業ポートフォリオ

アイリッジはデジタル・フィジカルマーケティング事業を単一の報告セグメントとしているアプリ開発やアプリマーケティング関連が業績を牽引している売上高の内訳としてはアプリ開発の初期費用に加えアプリの継続的利用におけるストック型収益も含まれFY22Q2時点にてストック型収益が売上高に占める割合は32.2%となる

アイリッジはデジタル・フィジカルマーケティング事業を単一の報告セグメントとしているアプリ開発やアプリマーケティング関連が業績を牽引している売上高の内訳としてはアプリ開発の初期費用に加えアプリの継続的利用におけるストック型収益も含まれFY22Q2時点にてストック型収益が売上高に占める割合は32.2%となる

アイリッジのビジネスモデル

アイリッジのビジネスモデルは新規・既存顧客に対するアプリケーションの企画・デザイン・開発を一気通貫で行いそのサービスにおける初期費用と継続的なサービスの利用による月額費用を収益化するビジネスモデル開発するアプリの中にSaaS型自社プロダクトFANSHIPを組み込んで提供しアプリケーションの開発だけでなく使用後の顧客データ収集や分析を可能とし他社にはない付加価値を提供している

アイリッジの主な経営指標

アイリッジでは成長に向けて①FANSHIP導入のMAUアクティブユーザー数と②ストック型収益を重要指標に位置付けている①のMAUを向上させるためにアプリケーションの開発・サービス内容の強化・導入後のサポート体制の充実化に注力している②のストック型収益の向上のためにアプリケーションの継続的な機能のアップデートを積極的に行っている

アイリッジの業績情報

FY22Q2時点で増収増益の結果となった売上高は前年同期比15.9営業利益は前年同期比+95百万円と大幅な成長を達成2Q累計売上高は過去最高の実績であり2Q時点での営業利益黒字の達成は決算期変更後初めてとなる営業利益の増加の要因としては前期から取り組んでいる売上原価率の改善が大きな要因の一つとなる人件費は増加傾向にあるが外注費を抑え原価率は前年に比べ2.8%の削減に成功している

アイリッジのミッション

情報提供:株式会社アイリッジ

総括

様々な大手企業へのアプリ開発を手掛けるだけでなく自社SaaS型アプリFANSHIPを更なる付加価値として提供し企業のマーケティングDXを支援していますメイン事業のストック型収益により安定した売上を持ちつつ新規事業への投資も行っていくので今後の更なる活躍が楽しみな会社です
SHARE