SNS
アイリッジの22Q4の決算情報を解説!
質問する
決算サマリー

2022.05.18

3917

証券コード

アイリッジは202251320223月期通期決算を発表した売上高は24.3%増の5,423百万円営業利益は202.6%増の342百万円となった

※個人投資家から事前に募った質問もございます。

目次

  • 01.

    アイリッジ通期決算売上高・営業利益共に増収増益成長に向けた先行投資を実施

  • 02.

    売上高・営業利益共に通期を通して順調に成長

  • 03.

    原価率が順調に改善中

  • 04.

    主要KPIは継続して順調な推移

  • 05.

    中長期の成長に向け積極的な人材採用を実施

  • 06.

    FANSHIP for ミニアプリの提供

  • 07.

    FY22通期計画の進捗:両項目予想を超える着地

  • 08.

    来期予想:成長率は鈍化予想中長期での成長加速を目指す

  • 09.

    アイリッジQ4決算のまとめ

アイリッジ通期決算売上高・営業利益共に増収増益成長に向けた先行投資を実施

売上高・営業利益共に通期を通して順調に成長

売上高はYoYにて24.3%の増収となった営業利益は202.6%の増益であるデジタルマーケティング関連の事業環境が引き続き良好なことに加え新型コロナウイルス感染拡大による業績影響が残っていたリアルプロモーション関連が回復傾向にあることが要因となる

原価率が順調に改善中

FY2021から取り組んでいた売上原価率が順調に改善傾向となっている前年と比較すると0.3pt取り組む前の全前年比と比較すると7.9ptの改善となる

主要KPIは継続して順調な推移

主要KPIとなるFANSHIP導入アプリの合計MAUYoYにて37.7%増の7,389万ユーザーとなった

FY2022Q4でのストック型収益は490百万円となりYoYにて19.0QoQにて10.0%の増加となり順調な推移を見せている

中長期の成長に向け積極的な人材採用を実施

デジタルマーケティング関連を中心に中長期的な事業成長を見据え積極的に人材採用を行っている従業員数はYoYにて28.8%増の228人となった

FANSHIP for ミニアプリの提供

企業がLINE上で自社サービスの提供を可能とするLINEミニアプリにおいて会員証などの機能を提供できるミニアプリ開発・運用・分析プラットフォームFANSHIP for ミニアプリを提供顧客層は中堅層のミドル・ライト顧客が対象となる

FY22通期計画の進捗:両項目予想を超える着地

FY22通期業績計画に対し売上高・営業利益共に計画地を達成売上高は104.3%営業利益は171.0%の大幅達成となった

来期予想:成長率は鈍化予想中長期での成長加速を目指す

アイリッジはFY2023通期の業績予想を発表した売上高は6,3006800百万円営業利益は375475百万円となっている新型コロナウイルス感染拡大によるリアルプロモーション関連への影響を考慮し売上高の成長率は鈍化する見通しである中長期目線でのコロナ後の成長率の再加速を目指していく

アイリッジQ4決算のまとめ

情報提供:株式会社アイリッジ
※この記事は投資の参考となる情報提供を目的としたもので、掲載企業の株式についての投資判断あるいは株価に対する動向に関する助言を行うものではありません。当記事に投資勧誘を意図するものはなく、投資の決定はご自身の判断と責任でなされますようお願い申し上げます。記事に記載された内容は取材時の内容を一言半句違わず記載しているものではなく、話の流れ等が分かりやすいよう幾らか加筆している部分がございます。ご了承ください。また、記事に記載された内容等は取材・作成時点のものであり、正確性・完全性を保証するものではなく、今後予告なく修正、変更されることがあります。また、発行体の確認を受けていない場合もあります。

総括

YoYにて増収増益の結果となりましたFY2022を通して通期で業績・主要KPI共に順調な成長を達成しています中長期成長に向けての新規事業への取り組みや積極的な人材採用も行っており今後も成長が期待できる企業です
SHARE
1