SNS
スパイダープラスの21年通期の決算情報を解説!
質問する
決算サマリー

スパイダープラス通期決算
計画通りの業績を達成成長に向け積極的に投資中

2022.03.01

4192

証券コード

スパイダープラスは2022210202112月期通期決算を発表した売上高は11.8%増の2,206百万円営業利益は▲433百万円となった

※個人投資家から事前に募った質問もございます。

目次

  • 01.

    202112月期通期決算

  • 02.

    売上高は通期で増収積極的投資を継続

  • 03.

    ICT事業が計画通りに成長

  • 04.

    主要KPI:各項目が順調に推移

  • 05.

    FY21通期計画:売上高がわずかに未達もID数は計画以上の実績

  • 06.

    FY2022業績予想:売上高増収見込み来期も積極的投資を継続

  • 07.

    スパイダープラス通期決算のまとめ

202112月期通期決算

売上高は通期で増収積極的投資を継続

FY2021通期で増収減益の結果となったメイン事業であるICT事業の成長が売上高の成長を大きく牽引している営業利益は前四半期に続き減益の結果となったがこちらは広告宣伝などの積極的投資を行ったことによる販管費の増加が要因であり販管費を除く売上総利益はYoYにて20.4%増の1,262百万円となった

ICT事業が計画通りに成長

スパイダープラスはメイン事業のICT事業とENG事業の2事業を展開しているがENG事業は20221月に事業譲渡を実施しておりメイン事業のICT事業が売上高のほとんどの割合を占めているICT事業の売上高はFY2021Q4単体では535百万円累計では1,936百万円となり事業計画通り30%増の成長を達成した

主要KPI:各項目が順調に推移

スパイダープラスの各主要KPIが順調に成長を遂げているARRの推移は2,180となり事業計画通りのYoYにて30%の増加を達成した

ID数とARPUも順調な成長を見せているID数は既存顧客のID数増加が起因しYoYにて26.0%増+3,286IDとなったARPUYoYにて3.0%増の3,726円となりFY2021通期で堅実に成長を遂げている

契約社数が飛躍的な成長を遂げている広告宣伝への積極的投資が大きく貢献しYoYにて52%増加の1,204社となった年間での契約社数が400社越えとなり過去最高の実績となる併せて解約率も1.0%以下をキープ継続率も安定し顧客基盤が拡大している

FY21通期計画:売上高がわずかに未達もID数は計画以上の実績

FY2021通期でICT事業売上高を1,953百万円ID数を48,000IDとしていたICT事業売上高の実績は1,936百万円であり計画地に対してわずかに未達となったが概ね計画通りの水準で着地したID数は顧客基盤の拡大既存顧客のID数追加により計画地を超える48,767IDを達成した

FY2022業績予想:売上高増収見込み来期も積極的投資を継続

スパイダープラスは来期の業績予想を発表しICT事業売上高をYoYにて38.0%増の2,668百万円営業利益を▲1,189百万円としたFY2022も今期同様積極的投資を行い将来の成長に向けて取り組んでいく様子

来期の各主要KPIの予想も発表しているARRYoYにて38.0%増の30億円を予想した既存顧客の継続した成長に加え新規顧客の獲得により更なる成長を目指している

ID数とARPUも継続した成長を見込んでいる既存顧客のID数追加によりID数はYoYにて31.0%増の64,000ID越えを想定しているARPUYoYにて4.0%の成長を見込んでいる

スパイダープラス通期決算のまとめ

情報提供:スパイダープラス株式会社

総括

FY21通期を通して計画通りの業績を達成しました各主要KPIの成長しており今後成長速度の加速も期待できます来期も人材投資をメインとした事業拡大への積極的投資を行っていく予定であり中長期目線で成長を見守りたい企業です
SHARE