SNS
セルム社のビジネスモデルを解説します
コロナ禍に対応しながら業績拡大
質問する
企業基本情報

セルム事業内容紹介ネットワークを活かしコロナ禍に対応しながら業績拡大

2022.02.16

7367

証券コード

株式会社セルムは研修やトレーニングによって組織の人材開発・組織開発を行う企業豊富なプロフェッショナル人材のネットワークと大手企業中心の強固な顧客基盤を有しコロナ禍に対応しながら業績を伸ばしている

※個人投資家から事前に募った質問もございます。

目次

  • 01.

    セルムの企業沿革

  • 02.

    セルムの事業ポートフォリオ

  • 03.

    セルムのビジネスモデル

  • 04.

    今後の成長の軸

  • 05.

    セルムの業績情報

  • 06.

    セルム オンライン比率

  • 07.

    セルムのビジョン

セルムの企業沿革

同社は1995年に設立商号変更や海外進出MBOなどを経て順調に事業を拡大2021年にはJASDAQに上場を果たしている

セルムの事業ポートフォリオ

セルムの事業は大きく5つに区分されるグループの中核である株式会社セルムは経営層・リーダー層を対象とした経営塾・経営メンタリングミドル層を対象にトレーニングを行うミドルマネジメント革新組織全体の人材育成体系の構築などを行う組織人材開発コンサルティング3つの事業を行っている加えてグループ会社である株式会社ファーストキャリアは内定者~若手社員を対象にしたファーストキャリア教育を海外法人はASEAN/中国における人材・組織開発を行っている

売上構成比としてはセルム株式会社の経営塾・ミドルマネジメント革新で全体の約7割を占めるような形なお同社の決算においては企業単位でセルム・ファーストキャリア・海外の3つに分けて評価することが多くなっている ここからはグループ全体としての事業の概要とビジネスモデルを紹介する

セルムのビジネスモデル

セルムのビジネスモデルは人材開発・組織開発に関する課題を抱えた顧客企業に対して優れた専門性・経営経験を持ったプロフェッショナルタレントを交えて中長期の課題に伴走することが特徴あえて特定プログラムやコンサル機能を自前で持たずプロフェッショナルタレントを用いた外部ネットワークを構築することで個社固有の課題に幅広く対応できる体制を取っている

同社の強みは1,300FY2021実績を超えるプロフェッショナルタレント / パートナーのネットワークにある顧客企業それぞれが抱える多様な課題に対し適切なプロフェッショナルタレント/パートナーをアサインフルカスタマイズ型の顧客に合わせた最適なソリューションの提供を実現している

このようなネットワークを基盤として人材開発領域の最重要テーマである経営塾で成果を上げることで顧客の信頼を獲得ミドルマネジメント革新をはじめとした他施策に取引を広げていくことで取引額の拡大・取引の長期化につなげている

今後の成長の軸

セルムでは市場を大手企業/人事部門大手企業/事業部門準大手企業の3つに区分最も売上高が大きい大手企業/人事部門新ニーズを開発することでまだまだ成長可能な範囲にあるまた準大手企業は勝ち筋が見えており右肩上がりに急成長中

セルムの業績情報

売上高は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて一時的に低下したものの特に大手企業では需要が急速に回復している

セルム オンライン比率

コロナ禍への対策はオンライン比率にも表れているセルムにおける集合研修のオンライン比率はFY200%からFY22Q3時点で86%と形式を大きく変更世の中の動きに柔軟に対応することができている

セルムのビジョン

情報提供:株式会社セルム

総括

豊富なプロフェッショナルのネットワークと強固な顧客基盤を軸にコロナ禍に対応しながら事業を拡大しているセルム社急伸している準大手企業領域をはじめ今後の成長が楽しみです
SHARE