SNS
IR担当者に決算後インタビューをしてきました
営業収益が高成長
質問する
IRインタビュー

ココナラ両事業好調営業収益が高成長

2022.07.27

4176

証券コード
  • 本日はよろしくお願いします。営業収益が大幅成長でしたね。

    ティッカーくん
  • 宜しくお願いします。そうですね。両事業の成長が増益に繋がりました。

  • 今回の決算のポイントや、今後の取り組みなどについても詳しくお聞かせください。

    ティッカーくん
  • はい。よろしくお願いします。

※個人投資家から事前に募った質問もございます。

目次

  • Q1

    今回の決算発表のポイントを教えてください

  • Q2

    TVCMを停止しても現状の成長率を達成できていますが今後もTVCMは必要?

  • Q3

    法律相談で有料登録弁護士の増加は指数関数的に収益の増加に繋がる?

  • Q4

    主要KPIで一人あたり購入額と一人あたり販売額が伸びているのは単価が上がっているから?それともマッチング精度などの他要因?

  • Q5

    テイクレートは今後どのように維持または変化する見込み?

  • Q6

    流通高1000億円と現在の水準でのギャップはどのようにして埋めていく?

今回の決算発表のポイントを教えてください

ココナラ本体・ココナラ法律相談ともに堅調に推移しました 従来は未活用だったマーケティングチャネルを検討するリソースを確保するため一時的にTVCMへの投下を停止しました営業収益の好調な推移及びTVCM予算減額に伴い22/8期業績予想を上方修正しました

TVCMを停止しても現状の成長率を達成できていますが今後もTVCMは必要?

はいこの成長率では満足していませんのでQ4TVCMを再開予定ですまだ認知を広げる余地もありますし3年での投資回収見込みが立つ以上は出稿を続けていきたいと考えています

法律相談で有料登録弁護士の増加は指数関数的に収益の増加に繋がる?

指数関数的ではなく一定のペースで増加していくイメージです

主要KPIで一人あたり購入額と一人あたり販売額が伸びているのは単価が上がっているから?それともマッチング精度などの他要因?

単価の高いビジネス利用のユーザー比率が高まってきているからです

テイクレートは今後どのように維持または変化する見込み?

現状テイクレートは通常サービスの25%手数料と電話サービスの50%手数料のミックスで決まっておりビジネス利用比率が高まっていく中今後緩やかに下がっていくトレンドです一方2022711日にリリースされたサービスPR機能による営業収益はテイクレートの引き上げ要因になります

流通高1000億円と現在の水準でのギャップはどのようにして埋めていく?

プロダクトを磨きマーケティングで集客することで事業成長していくという軸は変わりませんがココナラ経済圏の実現に向けて新規事業の立ち上げも計画しています マーケティングに関してはTVCM以外の様々なチャネルについて検討しており具体的にはタクシー広告ユーザーによる招待機能インサイドセールス潜在層向けのWEB広告等についての運用を模索しています ビジネス利用の更なる加速に加えてプライベート利用の拡大も必要だと考えています時間はかかると思いますがココナラがマーケットの開拓者としてオンラインでサービスを購入するのが当たり前という価値観を創っていきます

情報提供:株式会社ココナラ
※この記事は投資の参考となる情報提供を目的としたもので、掲載企業の株式についての投資判断あるいは株価に対する動向に関する助言を行うものではありません。当記事に投資勧誘を意図するものはなく、投資の決定はご自身の判断と責任でなされますようお願い申し上げます。記事に記載された内容は取材時の内容を一言半句違わず記載しているものではなく、話の流れ等が分かりやすいよう幾らか加筆している部分がございます。ご了承ください。また、記事に記載された内容等は取材・作成時点のものであり、正確性・完全性を保証するものではなく、今後予告なく修正、変更されることがあります。また、発行体の確認を受けていない場合もあります。

総括

実際に担当者の方にお話を伺うことで決算内容の詳細に加えココナラが今後どのようにして更なる成長を目指していくのかを詳しく知ることができました長期的なスパンでの成長を目指しているココナラがどのように実績を積み上げていくのかが非常に楽しみです
SHARE
1